入社3ヶ月で「副業に走る人」「婚活退社」を決める人•••コロナ禍の若者「キャリア」のリアルの記事を読んで byローズ

①「個の時代」の「個」になりたい若者たち
今の時代は様々な個を優先に考え行動を起きている。コロナショックをきっかけに働き方が大きく変化している。
なぜなら以前は就職については長期勤務単に安定した会社を優先している傾向があった。
しかし現代は副業または数年後独立を見据えた専門性を生かせる企業やそのため予備校に通う若者もいる事に冷静に先を見据えた思考を評価したいと思う。

②副業したいが叶わない女性はどうする?
この女性たちは「婚活」を優先の傾向がある。
しかしながら本当は収入も下がり、副業をと考えているが企業が認めていない為や今の仕事を好きで働きがいを感じている為行動を起こすことをためらっていると思う。

③パラレルワーカーにとっては最高のチャンス
今の時代だからこそピンチをチャンスに変えてコロナショックを「キャリアポジティブ」にバランスよく行動している。
リモートワ-クになったおかげで通勤や会食等の時間減少により時間を有効活用し副業とのバランスをよく出来ている事はチャンスである。

まとめ
今後は働き方に個を優先出来かつやりがいを追求出来る働きやすい時代を期待出来ると思う。

→「働き方の未来2035 報告書」
2035年あと15年後には「正社員」と言う枠組みの意味がなくなると考えられているとの事。

Follow me!