【得られるものは収入だけじゃない。自分に合った副業の選び方とは】を読んで byローズ

2020年に入り世間はコロナ禍の影響もあり、在宅、テレワーク等に仕事をシフトしている。
そんな中「副業」と言うキーワードに光が射している。
今までも企業(リクルート等)副業を解禁してオープンに求人募集を募っていた。
私の知り合いにも「本業」と「副業」を上手にバランスよく実践している女性(30代)がその1人でもある。
その彼女に以前こう質問した事があった。
なぜその企業を志望したのかと尋ねた時、「副業ができる会社を私は志望」していたからと。
かつ、今自分が持っている資格が活かせる事でこれから自分がやりたい事で「誰かの役に立つ事」への近道と、聴いた記憶が有る。

正直バブル世代の私は本業1本でその会社で永久就職とも考えていた。
増して時間があれば友人達とリフレッシュ(趣味、遊び等)を優先していた。

しかし今の時代は、コロナの影響も有り、「働き方の変革」や企業の「副業解禁」により、自由にかつ自分に合った副業を選択できる時代でもある。

そこで以下の3パターンの考え方が正しくその通りでると思う。

①本業の延長型
本業と同じ仕事で副業を行う

②本業とシナジー型
本業に近い分野でスキルを活用する

③本業とは別の顔型
本業とは異なる業種で副業を行う

即ちこれらの考えを、今の自分に当てはめて、本当に自分に合った「副業」の選択を導く事が大切である。そして、得られるものは収入だけじゃなく、心•精神的欲求が満たされ「充実した副業」を得る事が出来るのではないかと思う。

 

 

 

 

 

Follow me!