サラリーマンでも安全に稼げる!2021年狙い目の「在宅副業」は? を読んで  byローズ

2021年の新しい年度を迎えた矢先、新型コロナウィルス第3波の大きな影響を受け、緊急事態宣言が決行され、世の中の経済状況は、更に悪化を辿りつつある。

各企業はその対策として勤務内容の変更(在宅勤務•リモートワーク化等)や雇用条件の見直し(給料の減額・人員の削減等)を余儀なくされ経営維持、存続の対策に努めている。

この厳しい状況の中、日々の生活を維持する為サラリーマンが早急に対応すべき対策は何か!

この様な時代だからこそ、サラリーマンが安心、安全に稼げる為の「在宅副業」に狙いを定める時代が到来した。

そこで、全日本趣味起業協会代表理事の戸田充広氏は3つのキーワードを挙げていると考えられる。

①会社側が副業に対してどれだけ理解あるか!
サラリーマンが「副業」を始めるにあたり自分の勤めている会社は副業を認めているかどうか確認する事。
リモートで監視の目がゆるいからとやりたい放題や、上司に見つかった場合の対応策等。
即ち、いかに日頃から職場での信頼関係を築きあげている事。

②世の中の流れを注視•敏感であるか!
世の中は常に進化しており、その時代の流れに察知出来る、臨機応変かつ判断力で対応しつつ、その先を見通した思考行動力が求められている。

③自分に向いている副業の見極めが出来てあるのか!
「副業」と言えいかにして自分に向いているのか、選別を見極める事が重視される。
何故なら、目標意識を明確にせずただ思い付きで、稼げる事だけに拘り過ぎ継続困難は絶対にNGである為。

こうした事から、サラリーマンは本業に勢力を出している分、2021年狙いの「在宅副業」はせめて「好きな事•楽しい事」をメインに活躍をして欲しい。

Follow me!